povo

auからpovo(ポヴォ)への乗り換えるべき人ってどんな人?

auからpovoに乗り換えるべき人って?

povoに乗り換えたいけど、自分の使い方にあってるかな?

そんな疑問を持っている方に向けた内容になっています。

この記事を見ているということは、auから発表された新サービス「povo」のことが気になっているのではないでしょうか?

自分の使い方にあってるのか不安だからよく調べてから契約したい。。という気持ちはよくわかります。

本記事では、povoに乗り換えるべき人の特徴について解説。

それではいってみましょう!

ahamoの申込はこちら

関連記事 docomoの新プラン「ahamo(アハモ)」の魅力とは?

povoに乗り換えるべき人は?

povoのプランの特徴から、乗り換えるべき人はこんな感じ。

povoに乗り換えるべき人

  • auの料金を高いと感じている人
  • auの割引を利用してない人
  • 現在格安simを利用している人
  • あまり電話をしない人

auの料金を高いと感じている人

auの月額料金は通信量にもよりますが、端末代と別で2,178円〜7,238円(税込み)もかります。

月額料金の比較

  • au :2,178円〜7,238円(税込み)
  • povo :2,728円(税込み)

povoの場合、月額料金は20GBで2,728円(税込み)と、圧倒的な安さです!

auを使っていて、毎月のケータイ代が高いなと感じている人は、絶対にpovoに乗り換えるべきです!

aupovo
月額料金2,178円〜7,238円(税込み)2,728円(税込み)
利用可能データ量1GB〜無制限20GB
国内通話料家族間通話無料
家族以外:30秒あたり22円
30秒あたり20円
通話オプションかけ放題オプション:1,870円(税込み)
5分通話無料オプション:770円(税込み)
かけ放題オプション:1,650円(税込み)
5分通話無料オプション:5500円(税込み)

auの割引を利用してない人

auには以下のような割引があります。

aupovo
家族割対象対象外

povoに乗り換えた場合、それらの割引は一切利用できなくなります。

その分月額料金を抑えているので、現在auで割引を使用していない人にとっては、乗り換えることで得すること間違いなし!

ahamoの申込はこちら

現在格安simを利用している人

現在UQmobileのような格安simを利用している方は、同じ月額料金でも

povoの方が利用可能データ量が多く使えることのほうが多いです。

例えば、UQmobileのくりこしプランMと比較すると、同じ月額料金でより多くのデータ通信量を使うことができます!

povoUQmobile くりこしプランM
月額料金2,728円(税込み)2,728円(税込み)
利用可能データ量20GB15GB

あまり電話をしない人

povoには5分以内の国内通話無料はオプションとしてありますが、月額550円(税込み)がかかります。

オプションを付けると月額料金的にはahamoの方が安くなりますので、

電話をよく利用する方はahamoも検討してみてはいかがでしょうか?

関連記事 docomoの新プラン「ahamo(アハモ)」の魅力とは?

povoに乗り換えるべきでない人は?

逆にpovoに向いていない人はこんな感じ。

povoが向いていない人

  • 家族間の電話が多い人
  • テザリングをよく使う人
  • キャリアメールがないと困る人
  • 家族割などの割引を使用している人
  • オンラインでの手続きや故障時の相談が不安な人

これらに当てはまる方は、乗り換える前に検討が必要そうです。

まとめ:povoに乗り換えるとおトクがいっぱい!

povoに乗り換えるべき人の特徴について解説いたしました。

まとめると、乗り換えるべき人はこんな人。

povoに乗り換えるべき人

  • auの料金を高いと感じている人
  • auの割引を利用してない人
  • 現在格安simを利用している人
  • あまり電話をしない人

この記事が参考になれば幸いです。

ahamoの申込はこちら

関連記事 docomoの新プラン「ahamo(アハモ)」の魅力とは?

The following two tabs change content below.

よでぃ

SEとして働きながらブログで副業を開始 ▶買ってよかった家具家電・ガジェットの情報を発信 ▶地方在住の26歳

-povo
-, , ,